2020/02/25 00:43


こんばんは。TSUMUGUです。
最近、北欧をテーマにしたイベントが多く開催されるようになりました。
フィンランドの本場 シナモンロールを作る料理教室や季節を楽しむ北欧のテーブルコーディネート体験など。

その中でも、僕が注目しているのは、北欧の教育・福祉をテーマにしたイベントです。
学校や福祉施設などの現場を視察した方が、参考となった取組みや考え方を紹介。
それにより、教育・福祉に対する考えをさらに深めようといった趣旨のものが多いです。

僕自身、いくつかのイベントに参加させて頂く中で、少し違和感を感じたことがあります。
それは、隣の芝生が青く見え過ぎてしまうこと。
つまり、北欧の取り組みや考え方が正しいと信じ込んでしまうことです。

果たしてその取り組みは日本でも機能するのか?
「いつでも手を挙げて発言していいのよ」と子供達に伝えても、手を挙げる子はあまりいないでしょう。
良い部分はその本質が何かを捉え、アレンジして組み込めると良いなと考えています。

(写真は、フィンランド トゥルク市立図書館の子供スペース)